カウンセリング重視

ダイエット成功!

美容外科手術は顔や身体に劇的な変化をもたらします。
従って、治療後のアフターケアは「これから」の身体を守る上で最も重要なポイントです。
治療を受ける際は必ず事前にアフターケアに欠かせない事を訊いておくようにしましょう。
例えばレーザー治療は現在シミ取りからたるみ取りまで様々な問題に使用できる便利な方法です。
一方、レーザーを照射して特定の部位を改善した後はアフターケアを行なう必要があるのです。
レーザーが照射された肌細胞は一時的にダメージを被っていますから、化膿止めなど薬を塗っておく必要が生じる場合もあります。
その際は必ず医師に処方して頂きましょう。
ちなみにこの間、紫外線対策は必須です。
肌が弱っている時期ですから、シミができないように必ず防御するようにしましょう。

またヒアルロン酸注入と言えば手軽に皺が取れる美容外科手術として有名ですが、こちらも施術後にはアフターケアが大切です。
手術後はマッサージなど強い刺激を与える事は避けるようにしましょう。
また手術した日は、できるだけ長時間に渡る入浴を控えた方が良いとされています。
上記のようにヒアルロン酸注入は手間がかかるケアは必要ない事が分かります。
一方で豊胸手術の場合、術後のケアが美しいバストを作り上げると言っても過言ではありません。
抜糸後は、しばらく丁寧にマッサージを行なう必要があります。
手術を行なわないとしても美容を守る事は手間がかかる事です。
むしろ手をかけた分だけ美しくなるのが人間の身体ですから、ケアやメンテナンスは怠らず行なうようにしましょう。